若はげ対策.com|若はげの原因と治療・改善・予防対策まとめ

髪の悩みは、本人にしかわからない深刻な悩みです。
その若ハゲ、もしかするとAGAかもしれません。
若はげ対策.comでは、症状や進行の仕方から若はげの改善方法をまとめています。
若ハゲが進んでしまう前に、ぜひチェックしてみて下さい。

 

目次
  1. 若はげ対策にはまず原因を知ろう
  2. その若はげ、AGAかも!?セルフチェックリスト
  3. 若はげのタイプと症状の進行の仕方
  4. 自分でできる若はげの治療・改善対策
  5. AGAに当てはまるなら専門病院にいこう
  6. 若はげ改善対策におすすめのAGA治療病院

若はげ対策にはまず原因を知ろう

若はげの原因

 

若いうちに頭髪が薄くなるとショックでしょう。
恋愛をするにも、若はげでは消極的になってしまいますよね。
どうして若はげになってしまうんでしょうか。若はげの原因をお教えしましょう。

 

遺伝

ハゲは遺伝するとよく言われます。
実際に、父親がハゲている場合、その子供もハゲる事が多いですし、どんなに生活習慣が乱れていても、ハゲない人はハゲません。現在では、若ハゲと遺伝の関係もかなり研究が進んでいて、それに影響する遺伝子も解明されています。
そのうちの一つが、アンドロゲン受容体が敏感な遺伝子です。
若ハゲの原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)というホルモンです。
DHTは、毛髪の成長サイクルを乱し薄毛を引き起こしますが、このDHTは髪の毛の細胞にあるアンドロゲン受容体と結合して活性化してしまいます。つまり、アンドロゲン受容体が敏感にDHTに反応すると、若ハゲになるんです。
このアンドロゲン受容体がどれだけ敏感かという事は遺伝によって決まると言われています。また、DHTは5αリダクターゼという酵素がテストステロンという男性ホルモンと結合して出来るホルモンなので、5αリダクターゼの活性度が高い遺伝子を受け継いだ場合、若ハゲになりやすくなります。この二つの遺伝子が、若ハゲをひきおこしてしまいます。

 

栄養不足

髪の毛を作るのにも栄養が必要です。
ワカメを食べると髪の毛が生えてくるという話もよく聞きますが、それは俗説です。
実際に髪の毛を作るのに必要なのは、タンパク質・ビタミン群・亜鉛などです。特に、タンパク質は髪の毛の99%を構成していて、絶対に必要な栄養素です。
ですが、タンパク質は髪以外にも内臓や血管、血液、筋肉などにも使われていて、そちらの方が髪よりも優先してタンパク質を消費しますから、髪に必要なタンパク質は不足しやすくなってしまうんです。不摂生や無理なダイエットをしていると、髪の栄養が足りなくなって若ハゲの原因になります。

 

血行不良

髪に必要な栄養を摂っていても、それが髪にまで届かなければ意味がありません。
髪に栄養を届けるのは血液です。しかも、頭皮にあるのは細い毛細血管ですし、立って生活しているとただでさえ頭には血液が届きにくくなります。
だから、血行が良くないと頭皮に栄養が行き渡らず、若ハゲを引き起こしてしまいます。
血行を悪くするものとして考えられるのは、運動不足やストレス、喫煙などです。若ハゲが気になる人は、これらを避けるようにしましょう。

 

頭皮への負担

頭皮は、髪の毛を生やすための土壌の役割を持っています。
だから、その頭皮が傷んでいると髪の毛も生えにくくなります。
頭皮への負担を避けるために、まず気を付けなくてはいけないのはシャンプー選びです。
若ハゲに悩む人は、頭皮を清潔にしようとして洗浄力の高いシャンプーを使いがちですが、あまりに洗浄力が強すぎると頭皮に必要な脂分も洗い流してしまい、頭皮にダメージを与えてしまいますし、髪にもダメージを与えてしまいます。洗浄力の強過ぎない自然成分のシャンプーを選ぶようにしましょう。
また、紫外線も頭皮に余計な刺激を与えてしまい、髪の成長を妨げる原因となります。
日差しの強い日は帽子や日傘を使うようにしましょう。ヘアカラー、パーマ、整髪料なども頭皮に負担をかける原因となります。整髪料は毛穴を詰まらせてしまいますから、使用した後は良く洗い流すようにしましょう。
ポニーテールなどの髪の毛を引っ張るヘアスタイルも、頭皮にダメージを与えてしまいますから、若ハゲが気になる人は避けた方がいいでしょう。

 

睡眠不足

私たちの体は、寝ている間に各組織のダメージを修復し成長も促します。
髪の毛も、寝ている間に成長しているんです。
ですが、睡眠不足だったり、睡眠時間が不規則だったりすると成長ホルモンが十分に分泌されず、髪の生育にも悪影響を及ぼしてしまいます。成長ホルモンは、夜10時から深夜2時の時間帯が最も活発に分泌されますから、この時間に就寝できるよう心がけましょう。

その若はげ、AGAかも!?セルフチェックリスト

チェックリスト

AGAとは男性型脱毛症のことで、AGAという病名が認知されてからというもの、若ハゲに悩みを抱える人も増えているのが実情です。
発症する年齢は、幅広い年代に見られますが、早い人だと10代からAGAが疑われる人もいます。
そこで、「AGAかもしれない」と思った時にセルフチェックするためのリストをまとめてみました。

 

AGAセルフチェックリスト

  1. 髪の毛のコシやハリがなくなっているように感じる
  2. 頭頂部や生え際が薄くなっているように感じる
  3. 頭皮がベタつくようになったり、血行が悪くなったりしている
  4. 同年代の人を見ると、つい毛量が気になる
  5. 抜け毛に、細い髪の毛が混ざるようになってきた
  6. 洗浄力の強いシャンプーを使ってしまう
  7. 脂っぽいものを好み、あまり野菜を食べない
  8. 慢性的に寝不足で、つい徹夜してしまうことがある
  9. 私生活や仕事上、ストレスが溜まりやすい
  10. 母方、もしくは父方の祖父などに、薄毛の人がいる

 

項目ごとの解説

AGAや若ハゲの原因は、大きく分けると3つあります。

  • 頭皮や髪の毛の状態
  • 生活習慣
  • 遺伝

 

1〜5では頭皮や髪の毛の状態に関すること、6〜9では生活習慣に関すること、10では遺伝に関することを書いています。
髪の毛は、頭頂部もしくは生え際から薄くなっていきます。
抜け毛が目立ち、髪の毛が薄くなっていくと、太くしっかりとした毛が生育しにくくなり、毛周期の途中でも抜け落ちてしまう現象が見られます。その他、髪の毛にコシやハリも見られなくなってくるため、毛量も少なくなっているように見えてきます。

 

また、AGAに限らず薄毛や若ハゲに悩んでいる人は、生活習慣にも問題がある人が多いのが特徴です。特に22時〜2時に寝られない人、慢性的に寝不足が続いている人や徹夜が多い人は要注意です。
その他、食生活にも関係があり、野菜を食べる機会が少ないなど、栄養のバランスの取れた食習慣のない人の場合、若ハゲになりやすいと言われています。
また、全てとは言い切れないものの、AGAは遺伝の要素もあると言われています。特に父方より、母方の遺伝子が顕著に現れやすいので、母型の祖父などに若ハゲの人がいるのであれば、その遺伝子を持っている可能性が高まります。

 

AGAになりやすいのは?

1〜5、6〜9で各2個以上、10に当てはまる人は、AGAになりやすい体質の可能性が高いです。今からでも、できることをして準備しておいた方がいいかもしれません。

若はげのタイプと症状の進行の仕方

若はげのタイプ

 

いわゆる「若はげ」には様々なタイプがあります。
そして、それぞれのタイプに応じて、症状の進行の仕方は違ってきます。
そこで、「若はげ」に見られるタイプと、それぞれのタイプにおける症状の進行について見ていきましょう。

 

若はげのタイプとは?

若はげになる原因の項目でも書いたように、若はげになる理由は様々あります。
しかし、どのような理由で若ハゲになったとしても、どの部分にその症状が出てくるかについては個人差があります。
若ハゲの症状については、薄くなる箇所で2パターン、その形で3パターンに分けられます。
薄くなる箇所は、下記の2パターンです。

  • 生え際・前頭部
  • つむじ(頭頂部)・後頭部

 

薄くなる形では、下記の3パターンです。

  • M字型
  • U字型
  • O字型(かっぱ型)

 

その他にも、O字型(かっぱ型)とU字型もしくはM字型を発症する場合があります。
次に、それぞれの特徴と症状の進行についてまとめていきたいと思います。

 

M字型

M字型の場合、U字型(A字型)と同じく、生え際や前頭部が薄くなっていきます。
M字型の特徴は、生え際の真ん中だけは残って、左右両サイドが徐々に薄くなっていき、額が広くなっていきます。
もともと、日本人より白人に見られる症状でしたが、最近は日本人でもM字型になっている人が増えており、現在ではO字型と並んで多く見られる症状となっています。
M字型の場合は、中央部の後退が見られないので、ちょっと見ただけでは分かりにくいと言われます。U字型(A字型)と同じく、生え際や前頭部が薄くなるので、しっかりと前髪を上げて、そり込みの部分をしっかりと見るようにして下さい。
そり込み部分が、中央よりも後退しているように見られる場合、M字型の薄毛になっている可能性が高くなります。

 

U字型

U字型は、M字型と同じく生え際や前頭部が薄くなっていきます。
U字型とM字型の違いは、M字型が真ん中から両サイドが薄くなっていくのに対し、U字型の場合は生え際全体が均等に薄くなっていき、逆U字のようになっていくのが特徴です。
ただ、もともと額の面積が広い人もいれば狭い人もおり、なったばかりの時は周りもその変化に気づきにくいと言われています。
しかし、頭皮と額では、その質感に違いがあります。症状が進行してくると、はげてきた部分が光ってくるので、O字型のように見た目にも目立ちやすくなります。
先に紹介したM字型とU字型は、ともに遺伝や体質によって発症しやすい症状です。

 

O字型

O字型は、頭頂部を中心として円形に広がっていきます。
つむじから薄くなっていくのがO字型の特徴で、なかなか気づきにくいのが特徴です。
ただ、頭頂部のボリュームが減った、もしくは頭頂部のつむじが目立つようになってきたなどの兆候は必ず現れるので、そういう症状があれば、できるだけ鏡を複数枚使って確認してみることが大切です。

 

複合型

「若はげ」と呼ばれる症状は、早い人であれば10代からその兆候が現れることがあると言われます。症状のタイプは、上で解説した3タイプですが、M字型、U字型、O字型のいずれか1つだけ発生する場合もありますが、つむじ(頭頂部)から後頭部が薄くなるO字型とM字型もしくはU字型を併発する場合もあります。
複合型の場合であれば、つむじ(頭頂部)から後頭部にかけてはO字型にはげてきます。
一方、生え際や前頭部はM字型もしくはU字型にはげてきます。
M字型とU字型は、遺伝や体質による発症が多く見られますが、O字型の場合は、食事や喫煙・睡眠不足といった生活習慣やストレスにより発症する場合が多いと言われています。
そのため、生え際や前頭部が薄くなり、若ハゲになった人で、O字型も併発する人が意外と多く見られます。

 

M字型・U字型の方は…

もしM字型・U字型に薄くなった人で、生活習慣の乱れやストレスがたまりやすいことを自覚している人であれば、頭頂部が薄くなり、O字型になっていないかどうか念入りにチェックして見られることをおすすめします。

自分でできる若はげの治療・改善対策

育毛剤

若ハゲは、本人にとってはとても深刻な悩みですよね。
でも、病院などに行くのは抵抗があるという人も多いでしょう。
ここでは、自分で出来る若ハゲ対策をお教えしましょう。

 

バランスの良い食生活

健康な髪は、バランスの良い食事から生み出されます。
特に、タンパク質やビタミン、亜鉛は髪の成長に欠かせない栄養です。
これらが足りていないと、私たちの体は髪の毛を作る事が出来ません。材料がないと品物は完成しないでしょう。健康な髪を作るためには、バランスの良い食事が必要なんです。
好きなものばかり食べていたり、外食やコンビニ弁当、ファーストフードなどばかり食べていると、栄養が偏ってしまいます。
特に、髪の毛は生命の維持には直接必要とは言えませんから、栄養の供給も後回しにされてしまいがちなので、十分に栄養を摂っておかないとすぐに栄養不足になって若ハゲを引き起こしてしまうんです。髪にまで栄養が行き届くように、バランスの良い食事を摂るようにしましょう。

 

睡眠をしっかり取る

睡眠と髪の毛に関係があるとは思わない人もいるでしょうけれど、髪の毛は寝ている間に成長しているんです。寝ている間に成長ホルモンが分泌され、それが髪の毛を成長させます。
しかし、睡眠が不足していると髪の毛が十分に成長できず、若ハゲになってしまいます。
また、睡眠時間だけでなく睡眠の質も髪の毛の成長に影響を与えます。
質の良い睡眠を取るために、寝る直前までパソコンやスマートフォンを触るのは止めるようにしましょう。これらは脳を興奮状態にするので、質の良い睡眠を取る事が出来ません。
また、食後すぐに眠るのも良くありません。食後すぐに眠ると、胃腸はまだ働いている状態なので体が十分に休めないんです。寝る前にストレッチなどをして心地よく睡眠に入れるようにしましょう。
若ハゲに悩む人は、体力のある年代でもありますから睡眠時間を削ってしまう事もあると思いますが、それは髪の毛のためには良くない事なんですよ。

 

適度な運動をする

適度な運動をして、体に心地よい疲労を感じると質の良い睡眠を得やすくなりますし、代謝が上がって血流も良くなります。血流が良くなると栄養が頭皮にまで行き渡りやすくなるので、髪の毛の発育に良い影響を与えるんです。
ストレスが解消される事も血流の改善につながるので、若ハゲの対策に効果的です。

 

タバコを止める

タバコを吸っている人は、すぐに止めましょう。
タバコは百害あって一利なしと言われますが、髪の毛にも悪影響を与えます。タバコに含まれるニコチンは、末梢血管を収縮させる作用があり、血行を悪くするので頭皮に栄養を届けにくくなります。栄養が届かなければ髪の毛が成長しないのは当然ですね。
また、喫煙は男性ホルモンの分泌量を30%程度増加させると言われています。
そうすると、若ハゲの原因であるジヒドロテストステロンも増えてしまうため、若ハゲを引き起こすんです。

 

髪を丁寧に優しく洗う

髪を洗う時は、絡まって抜けないようにブラッシングしてからぬるま湯で髪を洗い流します。それから、刺激の少ないシャンプーをよく泡立てて、指の腹を使って泡で包み込むように洗ってください。ゴシゴシこすり過ぎると頭皮に傷を付けてしまいます。そんなにこすらなくても汚れは十分に落とせます。
シャンプーやコンディショナーが頭皮に残らないようによくすすぐことも忘れないようにしてください。それらが残っていると、毛穴が詰まって髪の成長を妨げてしまいます。洗髪後はしっかり乾かしてください。

 

育毛剤や養毛剤を使う

養毛剤は、生えている髪の毛の脱毛を阻止したり、髪のツヤやコシを守るもので、育毛剤はさらに細い髪の毛や産毛の強化といった作用があります。
また、その働きにも、血行を促進するものや抜け毛を促進する男性ホルモンの働きを抑えるもの、髪の栄養を補給するものなどがあります。
自分に合った養毛剤や育毛剤を選んで使うようにしましょう。
そのためには、自分の若ハゲの原因を把握することも必要になります。

AGAに当てはまるなら専門病院にいこう

クリニック

 

AGAとは男性型脱毛症の事で、成人男性に多い薄毛の状態です。
額の生え際や頭頂部の髪の毛が薄くなるのが特徴です。
このAGAには専門の病院があります。AGAの人は病院に行った方がいいんですよ。

 

症状に合った治療を行ってくれる

一言でAGAと言っても、進行度合いやAGAの原因は個人によって違いがあります。
進行状況では予防で済むのか、すぐに生やすための対策を講じなければいけないのかという違いがあります。原因も男性ホルモンによるものや栄養不足によるものなど様々なものがあり、それぞれに違った対処が求められます。
進行度合いによっては、ミノキシジルやフィナステリドといった発毛に効果のある薬を処方してもらえますし、日々の生活で気を付ける点なども教えてもらえます。
AGA専門の病院では、その人に最適の治療方法を施してもらえるからおすすめなんです。

 

自己判断は危険

ミノキシジルやフィナステリドといった薬は、個人でも購入することが出来ます。
しかし、どちらも医薬品ですから、副作用が起こる危険性もあるんです。ミノキシジルには血管を広げる作用がありますが、人によっては血圧が下がり過ぎてめまいなどの副作用を起こすことがありますし、フィナステリドにもうつや肝機能障害を引き起こす危険があります。
病院でしっかり診察してもらえば、これらの危険を回避する事が出来ますし、副作用が出ても別の治療法に切り替える事が出来ます。

 

症例数が豊富

薄毛対策を行ってくれるところには、発毛サロンや皮膚科などもありますが、専門病院の方が症例数が多いので細かい診察をしてくれます。
AGA治療の歴史はまだ浅いため、専門病院の方が適切な治療のノウハウを持っているんです。発毛サロンでは薬の処方や植毛手術を行う事も出来ません。その発毛効果については、医学的根拠も薄いものなんです。
皮膚科では、薬の処方なども可能ですが、専門でない場合は最適な治療を行えるとは限りません。安心して効果の高い治療が出来るのは、やはり専門病院なんです。

若はげ改善対策におすすめのAGA治療病院

次に、AGA治療を専門で行っているクリニックをご紹介いたします。

 

 

銀座総合美容クリニックは、東京にあるAGA・薄毛治療を専門としているクリニックです。

国内承認薬でもあるフィナステリドやミノキシジルによる治療から、院長でもある正木健太郎氏がAGAを改善する際に、自らが試してみた治療法をもとにして、誕生したオリジナル治療薬を使った治療の中から、体質などに応じて治療法を選択しています。
クリニックの開業は平成20年で、AGAクリニックとしては後発のクリニックです。しかしながら、院長自身も薄毛に悩みを抱え、自らが治療を経験しており、症状の分析、実施する治療法の選定も正確です。
また、AGAに悩む患者さんの心に寄り添うクリニックを標榜し、悩みを解決するクリニックとして近年人気の高いクリニックです。

治療費の価格帯
内服薬・外用薬 7,020円〜18,900円/1ヶ月
(フィナステリド・ミノキシジルなど)
プロペシア 7,560円(1ヶ月分28錠)
ノーニードル育毛メソセラピー 19,440円/1回など

 

特徴

患者さんの心に寄り添うクリニックとして、人気の高いAGA専門クリニック

医院数・所在地

医院数 1院 
所在地 東京都港区新橋1-4-5 G10ビル9・10F(各線新橋駅より徒歩5分)

 
 

AGAスキンクリニックは、麻生泰氏が平成16年に開業した東京美容外科を母体として誕生した、AGA治療を専門的に行っているクリニックです。

国内承認薬のプロペシアなどによる治療を基本として、オリジナル治療薬「Rebirth」やメソセラピーなど、血液検査などの結果をもとに体質に合わせた治療を行っています。
AGAスキンクリニックは、母体となっている東京美容外科を含めて、全国に39院あることから、転勤や出張などの場合であっても、全国にあるクリニックで同じ治療を受けられることで、人気のあるクリニックです。

治療費の価格帯
内服薬 初回 4,200円 2回目以降 6,000円〜7,000円
(フィナステリド・プロペシアなど)
Rebirth 内服薬 14,000円〜21,000円 外用薬 14,000円(ともに1ヶ月あたり)
Dr’sメソ(AGAメソセラピー) 2cc 50,000円 4cc 70,000円
(ともに1回あたり)など

 

特徴

全国39院で、同じ治療を受けられることで人気のあるクリニック

医院数・所在地

医院数 39院 
(内訳)AGAスキンクリニック23院 東京美容外科11院 東京ビューティークリニック5院
所在地
関東(東京 12院、千葉 2院、埼玉・神奈川 各1院)
東北・北海道(東北 3院、北海道 2院)
北陸・東海 各1院
近畿(大阪 4院、京都・神戸 各1院)
中国・四国 各2院 (高知、愛媛、広島、山口)
九州・沖縄(福岡 2院、長崎・佐賀 各1院、沖縄 2院)

 

 

AGA治療病院・クリニック検索・口コミ評判サイトで治療院を更に探してみましょう。

さいごに

若はげの悩みは、なかなか自己流では解決できないものです。
そうこうしているうちに症状が進行してしまうことも…
もし、ご自分がAGAではないかと思っている方は、医師に一度相談してみましょう。
あきらめかけていた理想の髪の毛を取り戻せるかもしれません。